教育実習の申し込みについて

1.実習時期

平成31年5月中旬~6月初旬の2週間もしくは3週間

2.申し込み条件

  1. 「教師になりたい」という強い意志をもち、教員採用試験を受験する者
  2. 原則として、本校の卒業生であり本校の教育方針に従える者
  3. 原則として、実習教科(科目)は大学等での専攻分野であること

3.申し込み手続き

  1. 期間
    平成30年8月末日まで
  2. 手順
    1. 本校夏期休業中(8月22日まで)に本校で教科主任と面談を実施するため、事前に電話で実習を希望する教科主任と連絡を取り(電話先で面談希望・名前・教科名を告げ、教科主任に取り次いでもらうこと)、相談のうえ面談日を決定する。
    2. 「教育実習申込書」および「教職理由の志望書」をダウンロードし必要事項を記入の上、面談当
      日に提出する。
    3. 大学作成の「教育実習依頼書、内諾(承諾)書及び大学宛返信用封筒(82円切手貼付)」と自
      分宛のオリエンテーション案内返信用封筒1通(82円切手貼付)を同封の上、大学から公文
      書として正式に申し込むこと。
      ※封筒のサイズは長形3号です。
  3. 内諾決定
    1. 内諾の受け入れについては、9月中に大学に回答する。
    2. 受け入れを決定した者については、新年度(4月下旬)に正式日程等を本人宛に郵送する。

4.その他

  1. 教育実習の受け入れは、次年度分を前年度に行う。申し込みの期間を過ぎたものは、原則として受け入れることができない。
  2. 希望者が多い時は、受け入れができない場合がある。その際申込み書類は返却しない。
  3. 内諾決定後、実習生としてふさわしくない行為があれば、内諾を取り消すこともある。
  4. 実習内諾を受けた場合、辞退することはできない。やむを得ず辞退する時は、その理由を添えて、大学を通じて公文書で報告すること。
  5. 申し込み後に、住所・電話番号等に変更があった場合は、速やかにその旨を本校担当者に連絡すること。

 教育実習申込書

PAGE TOP